押谷 仁。 「3つの密」回避でコロナ引き続き抑制できるか-感染拡大で正念場

押谷仁とは

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

😭 押谷氏は「感染者」「接触者」「感染連鎖」「クラスター連鎖」を制御できれば防げるといい、具体的には以下の状況を作るのが望ましいとする。

19
18日夕方に再放送されたNHK瀬戸際の攻防を見て、押谷氏の認識の決定的間違いに気づいた。

押谷仁とは

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

😅 「ダイヤモンド・プリンセス号」での対応状況への岩田健太郎教授の 問題点指摘への厚労省(の副大臣)の反応とか、厚労省ないし政権に 「感染症対応策への無知」の自覚がなく「能力がない者ほど自信家に なる心理(ダニング=クルーガー効果)」の典型でした。 今回も2月以降、「自宅と研究室のある仙台に帰ったのは4回だけ」というほど、日本の新型コロナ対策のために心血を注いできた。 押谷教授は「日本での感染の広がり方を想定することは正直難しい」としながらも、 「新型コロナウイルスが 封じ込められないウイルスであるように見えることを考えると、 ウイルスの拡散がある程度起こるという前提で、臨床現場での対応を考える段階にシフトしなければならないでしょう」 と、臨床現場での対策の必要性を語った。

11
自分の戦略の誤謬と失敗を押谷仁自身が最もよく知っているし、実際に市中感染は蔓延して、クラスター分析班の挫折と崩壊を現実が示している。

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(押谷仁教授メッセージ)

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

😅 2人の研究者は、やがて批判の矢面に立たされた。

9
おそらく今のPCR検査でも「新型コロナウィルス固有の領域」ってのを調べている は ず なので、他のコロナウィルスと区別できないとしたら検査に失敗していると断言してもよいのではないでしょうか。

ストレスと不眠症の苛み

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

🤑 2010 - 2016 小児呼吸器感染症の病因解析・疫学に基づく予防・制御に関する研究• ウイルス学研究グループは、フィールドから検出された病原ウイルスを対象にウイルスの病原性や進化等に焦点をあてた基礎研究を行っています。

18
つまり、重症者の殆どが1週間という短期間で改善しているという事。

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(No.4) 想像する力を武器に

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

🎇 和歌山県• 軍隊(医療機関)は撃破された。

15
》<書き起こし引用終了 なんと、2月25日の時点でもうシンガポールや韓国で行われてたPCR検査を徹底的にやるのは不可能であると認識して検査数を絞ったというのだから。 そのメンバーの 押谷仁さんが国民のみんなにメッセージを送りました。

押谷仁教授が指摘する“コロナの暗部”「クラスターになるのは劣悪な環境下の労働者」

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

😔 つまり日本や他の国でやっているような方法では見つからない感染連鎖があることになる。

5
大脳の機能をよく使えない。 急に夜中に目が覚めてそのまま朝まで寝られなくなり、二度目の眠りも朝5時前に起きてしまうという症状になった。

ドキュメント 感染症「専門家会議」 国家の命運を託された3人の研究者|文藝春秋digital

仁 押谷 仁 押谷 仁 押谷

🙂 それが、公衆衛生学では、人間の集団として何がベストかという考え方をする。 支援する政治家にこの要望を託すものとする。 感染症学会の連中、クラスター班の連中はブログ主さんが何度か書かれてるように、はやく見限らないと。

国境を越えるウイルス SARS・MERSなどの新興ウイルス感染症の日本へのリスクとその対応. 数ではなく、このウイルスがなかったらもっと長く生きられたはずの人たちの人生があったことを想像する力がこのウイルスとの闘いには必要だと私は考えている。