監督 指針。 顧客本位の業務運営に関する原則及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針改正案の公表

法務省:企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について

指針 監督 指針 監督 指針 監督

✊ VII -1-6-2 事業親会社等の事業リスクの遮断の観点• III -8-4 事態の沈静化後における対応• V -3-3-5 銀行の海外における子会社等の業務の範囲• III -2-3 金融サービス利用者相談室で受け付けた情報のうち、いわゆる貸し渋り・貸し剥がしとして提供された情報に係る監督上の対応• II -3-2-6 苦情等への対処(金融ADR制度への対応も含む)• II -2-1-6 「区分等を定める命令」第2条第2項に掲げる資産の評価基準• III -3-9-3 監督手法・対応• 投資信託委託業者及び投資法人等並びに証券投資顧問業者等の監督等にあたっての留意事項について (平成19年9月30日廃止)• III -6-3-2 主な着眼点• 清算・振替機関等向けの総合的な監督指針 本文( ・ ) 英語版( )• 高速取引行為者向けの監督指針 本文( ・ ) 英語版( )• III -4-3 監督手法・対応• III -10-2 主な着眼点• IV -3-1 総付保台数10台以上の自動車保険契約• III -1-1 意義• III -2-2 子会社等• II -2-2-2 早期警戒制度• なお、投資勧誘の方法としては、営業店に来訪した顧客への勧誘、電話による顧客への勧誘、インターネットを利用した勧誘等の様々な方法が考えられるところではあるが、それぞれの特性に応じた適切な勧誘の方法を検討する必要があることもあわせて留意する。 III -2-1 特定保険募集人の登録等事務• ・貸切バスの運転者に対しては、座学については合計6時間以上、 実技指導 については、20時間以上実施すること。 V -3-3-2 他の事業者の貸出金等に係る担保財産(不動産を除く。

VIII -3-1-2 所属銀行を通じた監督上の対応• III -3-1-5-1 意義• III -3-8-2 主な着眼点• VIII -4-2-2 法令等遵守(特に重要な事項)• この場合において、牽引自動車及び被牽引自動車を運行する場合においては、当該牽引自動車を運転するに当たって留意すべき事項を、当該被牽引自動車によりコンテナを運搬する場合においては、当該コンテナを下部隅金具等により確実に 緊締しなければならないことを併せて理解させる。 8 危険の予測及び回避並びに緊急時における対応方法 強風、豪雪等の 悪天候が運転に与える影響、右左折時における内輪差、直前、後方及び左側方の 視界の制約並びにジャックナイフ現象(制動装置を操作したときに牽引自動車と被牽引自動車が連結部分で折れ曲がり、安定性を失う現象をいう。

運送業の指導監督指針12項目の実施の仕方と記録方法!

指針 監督 指針 監督 指針 監督

🙃 V -4-1 意義及び着眼点• 勉強時間が十分確保されていれば、改正前後の資料を比較しながら、各自で『新旧対比表』を作成すると良いのですが、多くの受験生は仕事と勉強の両立でそこまで時間が確保しづらいと思われます。 今回の改正案においては、顧客本位の業務運営に関する原則に注記が追加されていますので、内容を把握する必要があります。 III -10-3 監督手法・対応• III -2-1-3-5 計画の進捗状況の報告等• II -2-2 金融サービス利用者相談室との連携• II -4-2 保険募集管理態勢• II -5-4 関係当局・海外監督当局等への連絡• II -2-3 早期警戒制度• II -2-1-4 命令区分の根拠となる自己資本比率• VIII -4-2-7-3 所属銀行の説明書類等の縦覧• VII -2-2 主な着眼点• 信用保証協会向けの総合的な監督指針 本文( ・ )• 以下同じ。

18
VIII -3-2-1-2-3 添付書類• III -9-3 監督手法・対応• III -1-1 一般的な監督事務 III -1-2 貸金業協会の協会員でない貸金業者に対する監督 III -1-3 業務提携を行う貸金業者等に対する効果的な監督のための当局間の連携 III -1-4 監督部局間の連携 III -1-5 検査部局との連携 III -1-6 貸金業協会との連携等 III -1-7 指定信用情報機関との連携 III -1-8 内部委任• VIII -2-2 所属銀行を通じた監督• VIII -3-2-1-2-1 許可申請書の受理手続• VIII -3-1-3 監督部局間の連携• III -3-2-4-1 重要性の原則の適用• VII -2-1 意義• II -3-1-3 組織犯罪等への対応• II -5-4 秩序ある処理等の円滑な実施の確保• III -1-5 預金保険機構が行う検査との連携• III -3-1-3-1 取引時確認等の措置• VIII -5-2-4 銀行代理業者が所属銀行の親会社又は主要株主である場合の留意点• III -3-5-3-1-1 意義• 金融先物取引業者向けの総合的な監督指針(平成19年9月30日廃止)• III -6-2 行政手続法との関係等• III -2-1-1-2-1 取締役及び取締役会• 新たな指針は、指導監督の項目を従来の10項目から11項目に増やし、貸切バスの初任運転者について安全運転実技指導(20時間)を義務化するなど、運転者教育の強化を図っています。

法務省:企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について

指針 監督 指針 監督 指針 監督

🖐 VIII -5-2-2 所属銀行による銀行代理業者の業務の適切性等を確保するための措置(法第52条の58、施行規則第34条の63)• VIII -4-1 意義• II -1-2 検査・監督事務の具体的手法• III -1-3 品質管理• VII -1-2 銀行の財務や経営に影響力を有する株主が存在する銀行の免許申請について• III -3-7-1-2 主な着眼点• III -4-1 基本的役割• III -11-6-1 損失吸収力等の適切性・十分性・正確性• III -3-4-2 プライベートバンキング等の留意点等• 金融上の行政処分について• III -3-3-2 預金・リスク商品等の販売・説明態勢• V -2-6 保証金の追加供託命令の通知• III -3-1-1 不祥事件等に対する監督上の対応• ちなみに、当時、教育しなければいけない項目は、全部で11種類ありました。

5
II -5-1 保険会社の事務の外部委託• そのかわり、欠席者などについては、いつフォローしたのか…について、かならず記載しなければいけないことになっています。 III -3-10-3 監督手法・対応• III -3-4-1-1 意義• III -3-1-3-2 偽造紙幣・硬貨等• さらに、平成28年12月の段階では初任運転者指導等は実技指導以外の座学の時間が6時間となっていますが、ドライブレコーダーの導入に伴い、貸切バスでは平成29年12月以降は 10時間に延長されます。

主要行等向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督 指針 監督

💕 要確認)や全ト協のHPで配布している刊行物を利用しているケースもあります。 III -3-7-1 システムリスク• III -2-3-4-4 流動性カバレッジ比率(国際統一基準行)• III -3-2 面談等を行う際の留意点• IV -1-15 団体保険又は団体契約の取扱い• 以上を踏まえ、例えば以下のような点に留意して検証することとする。

8
III -3-2-2 財務報告に係る内部統制• II -1-8 電子申請可能な申請書等を提出するに当たっての留意点• III -6-4 障がい者等に配慮した金融サービスの提供• III -6-4 金融庁等との連携及び関係当局への連絡• VII -3-8 グループベースの流動性リスク管理態勢• III -6-1 行政処分(不利益処分)に関する基本的な事務の流れについて• VIII -2-1 銀行代理業制度導入の経緯とその趣旨• 主要行等向けの総合的な監督指針 本文( ・ ) 英語版(外国銀行支店関連箇所)( ) 平成23年東北地方太平洋沖地震による災害に関する主要行等向けの総合的な監督指針の特例措置について ( ・ )• V -5-1 意義• III -1-9 法令解釈等の照会を受けた場合の対応• VIII -3-4-1-1 兼業承認の要否• ・《交通事故を防止するために留意すべき事項》を 《運行の安全及び旅客の安全を確保するために留意すべき事項》に改め、その中に 「シートベルトの装着を徹底させること」を追加 ・《危険の予測及び回避》で、 貸切バスの運転者にあっては、「運転者が実際に運転するバスと同一の車種区分の車を停止状態で用いて、制動装置の急な操作の方法について指導する」を追加 ・《安全運転の実技》で、 「運行する可能性のある経路(高速道路、坂道、市街地等)で、道路、交通及び旅客の状況並びに時間帯を踏まえ、運転者が実際に運転するバスと同一の車種区分の車を運転させ、安全な運転方法を添乗等(貸切バスの運転者にあっては添乗)により指導する」を追加 ・貸切バス以外の運転者に対しては、従来通り。

バス運転者の指導・監督指針を改正

指針 監督 指針 監督 指針 監督

👎 III -5-1 行政処分の基準 III -5-2 行政手続法等との関係等 III -5-3 意見交換制度 III -5-4 営業所等の所在の確知 III -5-5 不利益処分の公表に関する考え方 III -5-6 登録取消し処分に係る聴聞の通知後、当該処分に係る決定までの間に廃業等の届出 があった場合等の連絡 III -5-7 行政処分の連絡• 1.過去の資料も保存 『監督指針』は金融庁ホームページ(トップ画面の「法令・指針等」)で公開されていますが、いわゆる『上書き更新』であるため、改正前の資料が消えてしまいます。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。

18
V -2-5 保証金に充てることができる有価証券の種類等• III -3-6-2 主な着眼点• III -2-1 自己資本の充実• III -1-6 管轄財務局長権限の一部の管轄財務事務所長への内部委任• IV -3-3 特約自由方式等の取扱い• ・貸切バスの運転者に対しては、座学については合計6時間以上、 実技指導 については、20時間以上実施すること。

顧客本位の業務運営に関する原則及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針改正案の公表

指針 監督 指針 監督 指針 監督

✊ II -3-2 照会に対する回答方法• VIII -3-4-1-2 兼業承認申請書の受理に当たっての留意事項• 4.単語検索 「責任準備金」や「リスク管理」など、出題可能性の高いキーワードで検索すれば、用語単位で学習することも可能性です。 III -2-3-4-4-3-1 監督手法• III -3-4-2-3 監督手法・対応• III -2-2-1 意義• II -5-3 報酬体系• II -3-8 資産負債の総合的な管理• III -11-2-1 意義• その他ガイドライン• III -5-3 連絡・相談手続• III -9-2 主な着眼点• III -2-3-5-1 意義• II -5-6 予備審査• III -2-3-4-4-3-2 監督上の対応• IV -1-17 他人の生命の保険契約に係る被保険者同意の確認• III -4-8 議決権の取得等の制限• II -2-6 流動性リスク• IV -5-5 各種割増引制度等• III -3-3 利用者保護のための情報提供・相談機能等• この場合、交通事故の事例又は自社の事業用自動車の運転者が運転中に他の自動車又は歩行者等と衝突又は接触するおそれがあったと認識した事例 (いわゆる 「 ヒヤリ ・ハット体験」)を説明すること等により運転者に理解させる。

7
III -3-1-5 第三者割当増資のコンプライアンス• 外国銀行代理業務に関するQ&A• 1 事業用自動車を運転する場合の心構え 貨物自動車運送事業は公共的な輸送事業であり、貨物を安全、確実に輸送することが社会的使命であることを認識させるとともに、事業用自動車による 交通事故の統計を説明すること等により、事業用自動車による交通事故が社会に与える影響の大きさ及び事業用自動車の運転者の運転が他の運転者の運転に与える影響の大きさ等を理解させ、事業用自動車の運行の安全を確保するとともに他の運転者の模範となることが事業用自動車の運転者の使命であることを理解させる。 IV -6-3 商品販売予定を踏まえた効率的な保険商品審査の実施• II -4-4 顧客保護等• III -8-1 意義• VIII -3-2-2-2 業務遂行能力に関する審査• II -3-11 資産運用リスク管理態勢• III -3-3-3-1 意義• 主要行等向けの総合的な監督指針 令和2年12月• 受験生自身の言葉で解答することも大切ですが、法令や監督指針等から正確に「引用」することも、試験委員への良いアピールになるでしょう。