遠慮なく ご 連絡 ください。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。って英語でなんて言うの?

丁寧な「ご」の使い方素朴な疑問です。例ですが、「相談の希望があれば遠慮...

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

😄 ・車内での携帯電話の通話はご遠慮ください。

1
「遠慮」とは、相手の心の奥底まで気を配り思いやりをもって接すること、とされています。 「遠慮なく」は敬語ではないので自分の言葉や行動にはそのままで良いのですが、相手に用いる場合には「ご遠慮なく」と敬語表現に言いかえます。

「何かございましたらご連絡ください」の使い方は?敬語/相談

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

💕 」と言い切ってしまうこともあります。

ご遠慮なく /文例・敬語の使い方・意味 A ベストアンサー >「お気軽」という表現が軽々しく聞こえてしまってしっくり来ません。 たとえばNo. 忌憚なく(きたんなく) 「忌憚(きたん)」は、 「忌みはばかること」「遠慮する」といった意味になります。

「ご連絡ください」の例文・敬語・類語・返信方法・使い方|メール

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

🖐 などと考えたり躊躇したりしないで質問してくださいね」というニュアンスになります。

1
電話やメールなど、手段は問いませんがとにかく相手とコンタクトを取りたいときに使用します。

丁寧な「ご」の使い方素朴な疑問です。例ですが、「相談の希望があれば遠慮...

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

✊ ] ---------------------------------------------- 上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。

「持参(持って参る)」は「持っていく・持って来る」で「謙譲語2」ですが、「お申し付けください」と同様で現在は慣用句として定着しています。

「遠慮なく」の敬語表現は?使用例・目上の人に使う時の注意点は?|読モバ!

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

👣 ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた. > 「お早めにお問い合わせください」 「お静かにお話しください」 : これらの表現は、 「お気軽にお問い合わせください」と同じく、基本的には問題ない表現とわたしは思います。

14
何かの物事をおすすめしたり、相手に何かを渡したりする際に使われる言葉となっていますが、より具体的な使い方や言い回しはどのようになっているのか、知っておきたいところです。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。

「ご遠慮なくご相談ください」は正しい使い方ですか?

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

⚡ 連絡を求める相手が決まった一人(組織)の場合はやんわりとした表現を心がけたほうが良いでしょう。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 >「お問い合わせください」などは敬語の対象となる人に対しての尊敬語ですから良いと思いますが、動作を修飾する副詞にまで「お」をつけるのはどうなのでしょうか? : この点に関しては、 「お元気にお過ごしください」などが自然な表現であることからも問題はないように思われます。

漢語の「遠慮」を和語に言い換えると「お控え」になります。

「遠慮なく」の使い方・敬語・謙譲語・ビジネス|ご遠慮なく

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

😄 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 ビジネスでの「気兼ねなく」の意味と使い方、類語と例文を解説!! 「お知らせ」は「知らせの内容や伝えること、通知」を意味しており、「ご連絡」と同じような意味になります。 」です。

16
「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡 ご ください 遠慮なく 連絡

😃 ・不明な点がございましたら、ご連絡ください。 ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

10
「気にせず」は、 「配慮や心配をしないで」「気にかけないで」「気をつかわずに」という意味です。 「申す」は「謙譲語2(丁重語)」 ふたつの謙譲語のうち「謙譲語1」は相手を立てる表現で、「謙譲語2(丁重語)」は自分自身のことを相手に対して丁重に述べるときに使います。