羽生結弦ブログみみゆん。 みみ ゆん ブログ

羽生結弦は嫌い?わざとらしい行動が仇!ブログのみみゆんとは?

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

👇 表現や思いは人それぞれで、その思いや違いを読んで楽しんでます。

今回の騒動には単純に嫉妬と逆ギレなんですが、単純な割りに複雑で根が深いですね。 同じレベルで考えると、そこに乗じてザギトワプッシュとか・・ わざと、騒ぎを起こしてザギトワに注意を向けているのかと思えば、そのブログ主がかわいそうですね。

ぎゃーエブィリ!未出だらけのまさかの…の画像

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

💢 かわいそうで・・・ ほんと、ほっとけばいいのにって思います。 そこは修正しておきます。 ただし、誰かに対し誹謗中傷に該当するならば鍵をかけるべきとは思いますよ。

4
まんま叩けばアンチと一緒にされてしまうということでアイスショーでの写真撮影のタイミングがありえないとか昔のコラージュ写真のことを引っ張り出してミーシャ最悪とか展開してますけどね、アンチ活動してもよい正当な理由などないわけですから。 だからその行動は無意味です。

ぎゃーエブィリ!未出だらけのまさかの…の画像

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

💅 情報を集めるのも大変だろうなって。 そのブログの方はそれでもいいんじゃないかと思いますね。 羽生さんとも友達なら。

パワハラですか。

羽生結弦は嫌い?わざとらしい行動が仇!ブログのみみゆんとは?

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

🖐 Credits to rightful owners","domain":"wattpad. 多くの人が読んでいるのは支持されている証拠だと思う。 ミーシャの行動は問題ありです。

18
だけど私はこう思う。 そこは修正しておきます。

みみ ゆん ブログ

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

🎇 しつこいですね・・メドべの演技は好きですけど、競技外についてはそりゃそうだなと思う。 閲覧数が多いブログはその人が支持、共感されている証拠。 。

と言ってる人いますが あのねえ なんでそこにこだわるの? ランキングの種類いくつあると思ってます? アメーバブログのフィギュアスケート部門でランキング一位なんですよ とにかく大手ブログには変わりないでしょう 他の大手ブログでもこの件でミーシャメドベ批判しています こぞって、羽生ファンが洗脳されてます 良くない傾向ですよね ミーシャは羽生選手がソチ後初めての競技会であるフィンランディア杯を腰痛で欠場した時、ツイッターでHASHタグつけて皆にも呼び掛けて、早く快くなるよう励ましてくれた選手です ずっと、いつも温かく接してくれた仲間ですよね それを知っているのに 平気でスケーターを中傷するファンにはがっかりです またですか どれだけのスケーターを傷つければ気がすむの? この回答の内容で、違反になる理由がわかりません。 というかファンはパワハラできるような上の立場でもないんですけど・・・日本語のものはミーシャやメドベージェワは直に批判を理解しないかもしれませんが、ミーシャ、メドベージェワのファン、そして長くロシアスケーターを応援している日本のファンはどう感じるでしょうか。

ぎゃーエブィリ!未出だらけのまさかの…の画像

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

🤝 そこが魅力でもあると言えます。 彼女はこう思うのだな。 ターゲットにされてかわいそうだと思う。

それに、芸能人ではなく、アスリートなんで。 信頼を失うことも承知で書いていると思いますのでよいでしょう。

みみ ゆん ブログ

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

✆ まんま叩けばアンチと一緒にされてしまうということでアイスショーでの写真撮影のタイミングがありえないとか昔のコラージュ写真のことを引っ張り出してミーシャ最悪とか展開してますけどね、アンチ活動してもよい正当な理由などないわけですから。 私はそれを考えるととても辛いです。

4
よほど困ることが書いてある?という理由であえて。 それだけの事です。

ぎゃーエブィリ!未出だらけのまさかの…の画像

羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん 羽生結弦ブログみみゆん

🤚 ターゲットにされてかわいそうだと思う。 情報を受け取る側は、自分で情報の取捨選択する自由があるはずです。

2
It's where your interests connect you with your people. 情報を集めるのも大変だろうなって。 そしてもう一人、一番心を痛めている青年がいるんじゃないでしょうか。